消滅時効が過ぎたりした際での対応方法について

今度は、法律上における消滅時効の期限が過ぎたりした際での、売掛金回収の対応方法に関しての内容になります。こちらは意外と知らない方も少なくないかと思います。

この場合、こちら側がそれを最初からわかっていながら消滅時効の無効を主張したりすると、内容によっては詐害行為などという判断のされ方などを、訴訟の場などにおいて裁判官からされたりして心証が悪くなってしまうような事態もあり得ます。この事をようく理解をしておかなくてはなりません。

また、自分がその時効に関しての事実を、例えば2年後や1年後などといったように、善意無過失で初めて知ったりしたような場合でも、売掛金回収での時効停止が債権の性格によってはありますので、確かめておく必要があります。そして逆に、時効停止が認められず売掛金回収自体が不可能なようなケースの事態なども、場合によっては有り得る事もありますので、注意が必要かもしれません。

あるいは逆に、自分の側が相手方から消滅時効での無効を主張されたりしたような際には、その時点での債務そのものの性格性について確認を行い、消滅時効を主張をして相手方債権者などと争う、あるいは自らの正当性を主張していくという流れになります。