売掛金回収の定義について

そもそも売掛金(うりかけきん)は、単に一定期間の経過後において、何らかの取引での際に代金を支払う約束を行う掛取引の際に、債務者である相手方から支払われるお金の事を指します。そして、この掛取引の際には、後から代金をもらう約束で商品の方を先に渡して売る「掛売り」と、後から代金を支払う約束での商品を買い取る「掛買い」の2種類があります。

このような掛取引での場合には、売り手の側である債権者の側には、商品を売り渡すと同時に、相手方である債務者に対しての代金支払い請求権が、当然の事ながら発生をします。そして、何らかの事情で、債務者の側が代金支払いが出来ないような場合には、新たな売掛金回収の際の支払い方法に関しての提案やその催促、ついには法的措置の司法機関などへの要請とかが出来るようになります。

債務者側からの代金支払いが無いような売掛金上での損失とかが発生をしたりした場合には、債権者である売り手側としては、その損失分の売掛金回収などをして、本来の収益分の状態を回復をさせていくという形になります。このような意味が、売掛金回収という取引行為にはあるといえます。

しかしながら、その売掛金回収などは、相手方によっては、それ自体が自分だけの力で可能な場合と、何らかの危険性などが予見をされたりするような、困難な場合とが考えられます。このため、裁判所への訴訟提起や民事執行などのような、法的回収措置とかの形が検討されるというパターンがあります。